スポンサーリンク
HSP

HSPと合わない人への対処法【全てのHSPタイプに対応】

HSPは会社、家族、結婚、恋愛において様々なシーンで人と関わりと思います。そうすると必ず合わない人がでてきます。内向型HSP、HSP、HSS型HSPの3タイプ別に合わない人を分類し、HSPと合わない人への対処法を紹介します。同じHSP同士でも、合わないケースがあります。
HSP

HSPが深読みしすぎて疲れる原因【結論:認知のクセ】

HSPは深読みして疲れることがあると思います。例えば、メールの文面が無機質。相手の表情が楽しくなさそう、ため息が多い。このような場面で自分が相手の気分を害することをしたのかもと思いこみます。相手に直接確認できれば問題は解決します。しかし、できないためモヤモヤが残り疲れます。
HSP

内向的な人が生きづらい3つの理由【結論:一人の時間を確保】

内向的な人が生きづらい理由として「寡黙なため疎外感を持ちやすい」、「誤解されやすい」、「一人の時間が確保しにくい」の3つが考えられます。内向的な性格だと「生きづらい」と感じている人は多いです。この性格が原因で日常生活の様々な場面で支障をきたすことがあります。そのような場面に直面しないよう「一人の時間・空間を確保する」を結論とします。
HSP

交流分析による人生脚本の書き換え方【HSPに絡めて解説】

禁止令の存在を認識する→「私はOKでない」になったら、自分に許可→それでもだめなら待遇・環境を変える→これを繰り返す→「私はOK、あなたもOK」になる
HSP

【HSP/HSS診断結果】内向型(HSPでない)

診断チェック前の注意事項 診断チェック前にこちらをご覧ください。 HSP/HSS診断チェック開始
HSP

【HSP/HSS診断結果】HSS型HSP

診断チェック前の注意事項 診断チェック前にこちらをご覧ください。 HSP/HSS診断チェック開始
HSP

HSPのトリセツ!【これを守ればいきづらさは半減する】

HSPのトリセツ。HSPに必要なものは次の二つです。 ・一人の時間・空間を確保する。 ・一人の人間として受け容れられること/感覚的な心地よさを大事にする。 これを守らないから、いきづらさがなくならないんです。
HSP

HSPの自己肯定感が低い原因【成功することを自ら禁止している!?】

HSPの自己肯定感が低いのは成功体験をしないよう自ら選択・行動しているから。 自己肯定感を持つためには自信という成功体験の積み重ねが必須です。 実はHSPは「成功してはいけない」という幼少期の思い込みによって成人してからも自らを邪魔していたんです。
HSP

あなたがHSPに生まれた理由【幼少期に受け取った感情が原因】

幼少期に経験した場面で以下の感情を味わった ・成功してはいけない ・怒りを感じてはいけない これがあなたがHSPとして生まれてきた理由です
HSP

HSPが仕事で「うつ」になって辞めても大丈夫【就労移行支援】

HSPは仕事で「うつ」になりやすいです。 「うつ」になると、休職してもそのまま退職という流れも珍しくありません。次の仕事が見つかるまでこんな悩みがあります。 ■長い間働いていないので復帰できるか ■自分に合う環境を見つかるのか
スポンサーリンク