LINEが苦手なHSPへの処方箋

LINEが苦手なHSPへの処方箋 HSP

LINEは苦手なのでHSPのあなたは本心ではやりたくないと思っていませんか?

けどLINE交換は断るのが悪いからつい交換してしまいますよね。

それ、あとで悩みの元凶になります。

LINE交換はしないがベスト

LINE交換はしないがベストです。

結局続かないからです。

ところで相手から予期せぬきっかけでLINE交換をしましょうと持ちかけられたことありませんか?

HSPは最初は相手に気を遣って何回かやり取りをします。ところが段々面倒になってきます。

理由は

  • 相手に気を遣って何回も読み返しては修正の繰り返しだから
  • 相手のメッセージの内容が簡潔でなく、なんて返していいのか途方にくれるから
  • メッセージが来ることによって一人の時間が確保できなくなるから
  • メッセージが来ていないかどうか常に気になってしまうから

LINE交換したことによって相手を常に気にしていなきゃならないし、その労力がもったいないです。

だったら最初からLINE交換は断ったほうが労力が少なくて済みます。

もちろんあなたと大事な関係の人は除きます。

たいていHSPはLINEをしたくない気持ちのほうが強いと思います。なのでLINE交換はしないがベストです。

LINE交換の断りかた

できればここで断ってください。

しかしHSPは相手に悪いからといって、断れません。

なのでなるべく角の立たない断り方を紹介します。

断る理由①:LINEが苦手だと正直に伝える

難易度:★☆☆☆☆

もうここはLINEが苦手だと伝えてしまいましょう。

少々変な人だと思われるかもしれませんが、気にしてはいけません。

少し勇気を出して言ってしまいましょう。

それならば「メールアドレスを教えてください」となるのではないかと心配になりますが、LINEが苦手ということはメールも苦手という意味にも捉えることができるので安心できます。

流石に苦手だと言われたら相手も、深追いしてこないでしょう。

断る理由②:彼氏(夫)がいるのでごめんなさい

難易度:★★☆☆☆

これは合コンや婚活などのシチュエーションで使える理由付けです。

もしくは職場でも使えます。

男性は女性から誘われても断ることは少ないでしょうが、その場合は「彼女」などに読み替えてください。

断る理由③:私ガラケーなのでLINEができないんです

難易度:★★★☆☆

少し前まではガラケーでLINEが使えていたのでNGでしたが、2020年3月にガラケー版LINEがほぼ終了しました。

ですので理由として使えるようになりました。

スマホを使っているところを目撃されてしまったら使えないので★3つです。

断る理由④:LINEのバグで友達登録ができない

難易度:★★★ ★ ☆

最初に断っておきます、LINEは素晴らしいアプリです。

しかしLINEのバグのせいにして断ってしまいましょう。

特に男性でIT分野に強かったりすると、「ちょっと見せてみて」というシチュエーションになってしまうので少々危険です。

断る理由として相手に対してあからさまに遠ざけているように映ってしまう可能性があるので★4つです。

断る理由⑤:LINEはPC版でのみやっていると告げる

難易度:★★★★☆

LINEにはPC版があります。スマホにはインストールしていないというのを強調しましょう。

そうすると「LINEのID教えて?」と言ってくるかもしれません。

ただLINEのIDってみんな把握していないですよね?

なのでIDがわからないと言えば、たいていは面倒くさいのでそこで諦めます。

そうすると今度は相手からLINE IDを渡されることがあるかもしれません。

この場合、LINE交換の義務感が発生してしまうので★4つです。

次はダメなLINE交換の断り方を紹介します。

ダメな断り方①:捨てLINE IDを教える

相手にとってはブロックされているのと一緒

反感を買うので最悪、復讐や嫌がらせのもとになります。

角が立つのでやめましょう。

相手がどんなメッセージを送っているのか確認できない

相手のメッセージを確認してしまうと既読マークがついてしまうので次々とメッセージが来る可能性があります。

捨てIDを用意するのが手間

捨てIDを用意した後、破棄するまでそのIDがずっと残り続ける心配が増えてしまうのでよろしくないです。

ダメな断り方②:LINEが使えないと告げる

嘘だと疑われて反感を買う

今時、LINEを使っていない人はいません。

即うそだと思われて嫌われます。

他の連絡先を聞かれてしまう

こうなってしまうと逃げ道がありません。

電話番号を聞かれてしまいます。

HSPは電話番号はもっと聞かれたくないはずです。

電話の方が出なくてはならない義務感が生まれるのでHSPにはストレスになります。

ダメな断り方③:LINE交換直後にブロック

反感を買うので最悪、復讐やトラブルの元に

下手すると知り合いのつてから足がついて心無い言葉が飛び交うことになるかもしれません。

ダメな断り方④:携帯を家に忘れた

バイブレーションが動作する可能性あり

おならして明らかに臭いのに自分はしていないというのと同じくらいリスクが高いです。

しかたなくLINE交換してしまう状況

とはいってもHSPは相手に好かれたい、嫌われたくない気持ちが強いです。

仕方なく交換してしまうケースもあるでしょう。 もしくは仕事関係なら断れないでしょう。

ここではLINE交換してしまった後、どうすればいいのか紹介します。

会社の連絡用LINEグループに参加

しかたない度:★★★★☆

LINEのトークルームに参加すると、トークが盛り上がって誰彼かまわずメッセージが飛んできます。

HSPはトークルームのメッセージ通知をOFFにして対処している場合もあることでしょう。

しかし自分宛に名指し(@○○)のようにメンションをつけてメッセージが来た場合は、対応しなくてはなりません。

その時だけ通知がくるようにしておくといいでしょう。

参考リンク:

それとLINEグループに参加するとこんなことも発生します。

LINEグループに参加したことによって自分を他の参加者に自動的に友だち登録する機能があるのはご存じでしょうか?

他の参加者に友達自動追加をしないよう設定をしておくといいでしょう。

参考リンク:

上司とのLINE交換

しかたない度:★★★☆☆

上司とのLINE交換は業務上、欠席の連絡をしたりする必要もあるので断ることは自分が困るだけです。

しかたありません。いったん友だち登録しましょう。

まずは普通にLINEを交換して、プライベートな誘いがきたら断りましょう。

同僚とのLINE交換

しかたない度:★★☆☆☆

これも断ると会社で居づらくなる原因となってしまうので、普通にLINE交換しましょう。

しかしそれをきっかけにしてプライベートまで干渉される事態は避けたいところです。

特にHSPの女性は好きでもない男性からメッセージがくる心配を抱いていると思います。

もし未然に以下の理由で断れるなら断りましょう。

  • 友達として言ってくれてるのかもしれないけど
  • 彼氏に悪いからLINE交換はできません

LINE交換した後の対策

交換してしまったものは仕方ありません。

できるだけやり取りを少なくする対策を紹介します。

HSPの負担にならないよう、すぐに やり取りを終わりにする方法です。

対策①:理由をつけて会話を終わらせる

  • 「そろそろ仕事に戻るね」
  • 「あっ、宿題(レポート)残ってた」
  • 「お風呂に入ってきます」
  • 「そろそろ勉強の時間だから」

といった具合に、日常生活でやらなければならないイベントに理由をつけて終わらせます。

対策②:だんだんと文字の量を減らしていく

返報性の法則

人間は「返報性の法則」で行動していることが多いです。

長文を送ってきたら、長文で返す。これのことです。

HSPは何度も文章を見返して修正してしまう傾向にあります。

しかし長文が来てしまったら、長文で返す義務感が発生して負担が大きいです。

なので少しづつ文章を短くして、負担を減らしていきましょう。

対策③:スタンプや締めの言葉を使う

やり取りする文章が短くなったら最後はスタンプで締めてしまいましょう。

直接的に終わりにしたいと言いづらいHSPにはもってこいの方法です。

ただし、面白いスタンプは返してはいけません。

相手から追加でリアクションが来てしまうからです。

必ず当たり障りのないスタンプで締めましょう。

もちろん以下のように文で締めてもいいです。

  • 「お疲れさま(でした)」
  • 「ゆっくり休んでね(ください)」
  • 「今日はありがとう(ございました)」

対策④:メッセージの返信のサイクルを永くする

メッセージがまめな人がいるとメッセージ確認を気にしなくてはと疲れてしまいます。

だから11時にチェックしたら次は15時、その次は20時などのようにチェックする間隔を徐々に永くしていきましょう。

これでメッセージの返信サイクルを永くして、少しでもHSPの負担となる要素を排除していきましょう。

対策⑤:既読スルー&フォロー

どうしても一人の時間を確保したい場合はこうしましょう。

いったん既読 → 数日後「忘れてた!」とフォローのLINE。

既読した後、気になってしまいますが豪快にスルーしましょう。

最終手段:未読・既読スルー

これは相手にも自分にもダメージありなので、おすすめできません。

しかし最終手段です。避難場所がなくてはHSPには安心できないです。

もちろん信用を失うので、何度もやってはいけません。

そもそもHSPはなぜLINEが苦手なのか

HSPには大きく分けて2つの特性

  • 相手に嫌われたくない、自分を受け入れて欲しい
  • 一人の時間を邪魔されたくない

が組み合っているからです。

それが派生して次のような理由になります。

  • 相手の文字からいい意味でも悪い意味でも感情を読み取ってしまい疲れる
  • 過去に傷つく発言を受けたから
  • 相手に気遣って頭をフル回転させてしまい疲れるから
  • 文章を何度も見直してしまい時間がかかるから
  • 何て返信しようか迷うから
  • あまりプライベートに入って来て欲しくないから
  • 一人の時間が確保できなくなるから
  • 自分のペースを乱されるのが嫌
  • 相手の邪魔をしたくないから
  • 連絡が来れば来るほど、返信をしないといけない気持ちになるから
  • 何かを要求されるのが嫌だから
  • お願いに対して何かを決断するのが面倒だから
  • 余計なトラブルの発生を未然に防ぎたいから
  • 旅行・飲み会など大人数のイベントの誘いは受けたくないから
  • 自分が事の中心になりたくないから

まとめ

LINEが苦手なHSPはLINE交換をしないがベスト

段々面倒になって続かないからです。

無理に相手に気を遣ってメッセージのやりとをするくらいなら、最初からやらない方が自分にも相手にも優しいです。

もちろんLINEの交換は大事な人とは続けてください。

それでは。体に気をつけてお過ごしください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました